企業情報

社名 株式会社キュアプラス
設立 2007年8月15日
本社 〒305-0821 茨城県つくば市春日2-35-2 エトワール春日106号室
資本金 500万円
代表取締役 織田政之、田中正行
事業内容 保険調剤、医薬品一般販売
事業所
おにがくぼ薬局
〒300-2651 茨城県つくば市鬼ケ窪1108-2
かりま薬局
〒305-0822 茨城県つくば市苅間字篠前1620-8
たなか薬局
〒300-0048 茨城県土浦市田中3-1762-2
主な取引金融機関 株式会社常陽銀行、株式会社筑波銀行
店舗 スタッフ 在籍28名
内、男性5名(非常勤1名)、女性23名(非常勤7名)
薬剤師 16名 管理栄養士 1名

経営の精神

誠実 信頼 挑戦

経営方針

1.社員の幸せ

私たちは、社員が幸せを感じられる会社でありたい。自ら考え自ら挑戦でき、新しいものを創れる会社を目指しています。

2.お客様の信頼

私たちはホスピタリティを持った対応を心がけ、お客様の信頼をいただけるように誠心誠意努力します。

3.地域医療への貢献

私たちは医療人として常に研鑽を積み、地域医療に貢献する真の「かかりつけ薬局」を目指します。

役員挨拶

人生100年と言われる時代。
誰でも生きている限り健康でありたいと願っています。
薬局は、今、大きな転換期を迎えております。
急速に進む高齢化及び医療の高度化により薬物治療はますます複雑になってきています。我々は、患者様、お客様一人一人の声に耳を傾けその方に合ったサービスの提供をするように心がけています。
また、お薬に関する相談のみならず、地域の皆様の健康な毎日を支えるために、一部の薬局において栄養士を配置しています。
栄養の専門家である栄養士が、食事・栄養・運動に関する様々な疑問や不安、サルコペニア、フレイルの予防から改善まで、食事を通して皆様に栄養支援を行っています。
今後も「誠実」「信頼」「挑戦」を経営の柱にして地域医療に貢献してゆきたいと考えております。

災害や新興感染症の発生時における対応について

当薬局は、災害や新興感染症の発生時に対応するため、以下のような措置を講じています。
災害や新興感染症の発生時等に、医薬品の供給や地域の衛生管理に係る対応等を行う体制を確保します。
都道府県等の行政機関、地域の医療機関もしくは関連団体等と適切に連携するため、災害や新興感染症の発生時等における対応に係る地域の協議会又は研修等に積極的に参加します。
災害や新興感染症の発生時等に、都道府県等の行政機関、地域の医療機関から医薬品の供給や地域の衛生管理等について協力の要請があった場合には、地域の関係機関と連携し、必要な対応を行います。
地域の皆様、行政機関及び医療機関等の関連の皆様からのご期待にお応えできるように努めてまいります。